ポケっていいとも

ポケモンを中心にお昼休みにウキウキできそうな記事をお届け

81m@sが熱い-盤上のシンデレラ紹介-

※はじめに※

筆者は将棋にわかなのでそこらへんでおかしな記述があるかもしれませんがご容赦ください。

 

 

81m@sは9×9=81マスの盤面ということで、将棋×アイマスといったアイマス2次創作の1ジャンル。

昔から一応あったジャンルではあったようだが、昨今のニコニコ公式の将棋推し(電王戦とか)やジャンプ漫画「ものの歩」などで見る側も作る側も再燃してきたのかなぁという感じ。私は将棋は駒の動かし方がわかる程度なのだけれども、それはそれでドラマ性が高く面白いのがアイマスPの文章力の高さというかなんというか。

 

その中で好きな作品が

KKPP(四駒関係P)の「盤上のシンデレラ」シリーズ。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm27494962

 

アイドルマスターシンデレラガールズシリーズのアイドルを中心に、「アイドルとは将棋指しである」といった感じの世界観で毎話アイドル同士の対局を一つ収録している。

私の知識不足でコメントから察するしかないけれど、筆者オリジナルの棋譜がかなり技巧的ですごいらしい。また、アイドルに実在の棋士を重ねながら物語を展開させているようだ。断定できないのは私が将棋にわかだからですね。(そこらへんを実際にやってる人から聞いてみたいからとりあえずみてほしいなぁと思って書いてみたり。)そういうわけで将棋ファンに受けがいい。実際プロ棋士見ていてもtwitterでネタにしていたりだとか。

ただもちろんそれだけで動画が伸びるわけでもなく、シナリオの部分も面白い。タイトル戦へ向けたライバル関係、勝ち負けから生まれるドラマ。たぶんアイドルの個性に合わせて戦い方だったり将棋的な設定も決めているんだろうけれどわからないなりになんとなく伝わったり。

アイマスPの愛が伝わってきてプロデュースすげぇって感じである。

というか将棋と合わせても面白くなるアイマスの懐の大きさというかなんというか。

まあとにかくみてほしい。ただそれだけ。ものの歩なんかが楽しめる人はいけると思う。

 

一応ポケモン×アイマスもあるのだがどうしても下火、こんな感じでpokem@sも賑わうといいな、なんて。

ないなら作れよは言っちゃだめですよ☆言うな☆